新任教員研修プログラム

本学(大学短大含む)に着任して5年未満の教員を対象としたプログラムです。
但し、本学独自の教育の実践のため、比較的教育経験の長い教員にも受講を推奨します。
学外の教職員の皆さまにも本プログラムを公開しておりますので、お申込みをお待ちしております。ご不明な点があれば、高等教育開発センター事務局までお問い合わせください。

修了証の発行について

  • 申し込みをした年度より2年以内に、必修3講座と選択2講座以上(計5講座以上)を受講し、研修の「総括レポート」を提出した学内・学外受講者に修了証を発行します。
    受講が2年を越えた場合はそれまでの受講講座数がリセットされ新規受講となります。
  • 受講者は、できるだけ5つの職能領域すべてに渡って、偏りなく講座選択することをお勧めします。
    【例】必修講座(領域2,4,5)
    +選択講座(領域3から2講座)
    +選択講座(領域2から1講座+領域3から1講座)
    +選択講座(領域6から1講座+領域4から1講座

受講申し込みについて

事前申し込み制(Web申込み、先着順)です。受講者は25名程度を上限とします。

秋期募集申し込み期限 2020年8月21日(金)17時

■研修は、オンラインと対面の両方を用いて行います。各回の詳細はPDFでご確認ください。
■学外から参加される方は原則としてすべてオンラインでの参加となります。

講座一覧

講座名

内 容

開催日時
場所

担当

必修講座

領域5
大学教育の現状とFD活動の意義

・本講座の前半は、現代の大学教育の課題やFD活動を行なう意義について講義形式で概説します。また、CTLが実施するFDサービスについて情報共有を行います。
・後半は、授業に関する課題や今後取り組んでみたいことなどについてグループで意見交換を行います。

秋期
9月14日(月)
18:15-19:45

場所:TNec041

井上史子
(高等教育研究)

領域2
シラバスの作成と授業の到達目標の書き方

・本講座の前半は、授業設計する際の基本である単位制度とは何かについて説明を行います。それをもとに、何故シラバスが必要か、何を書かなければならないか、成績評価はどの様にすべきかなども合わせて説明します。
・後半の演習では、前半で得た知識をもとに自身のシラバスの作成や変更などに取り組みます。

秋期
9月28日(月)
18:15-19:45

場所:TNec041

安岡高志
(高等教育研究)

領域4
大学授業の成績評価について考える

・大学授業の質保証と授業の成績評価との関連、成績評価の手法について概説します。
・自身の授業における成績評価の現状について、ワークシートを用いて分析を行います。
・互いの授業の成績評価の現状について情報共有をし、今後の改善方法について意見交換を行います。

秋期
10月5日(月)
18:15-19:45

場所:TNec041

新原将義
(高等教育研究)

選択講座

領域2
インストラクショナルデザインに基づく授業設計の確認と教材チェック
(理論編)

・本講座は、インストラクショナルデザインという学習者を深い学びに引き込む教え方や伝え方の方法論をとおして、授業設計の全体像を把握したうえで教材チェックを行います。
・理論編である本コマは、インストラクショナルデザインとは?や授業設計の手順や重要なこと、モデルの紹介など、理論的な内容が中心となりますが、適宜理解を深めるためのワークを行います。

春期
6月16日(火)
16:30-18:00

場所:CTL研修室

宮原俊之(教育方法研究支援)

秋期
11月16日(月)
16:30-18:00

場所:TNec041

領域3
インストラクショナルデザインに基づく授業設計の確認と教材チェック
(演習編)

・本講座は、インストラクショナルデザインという学習者を深い学びに引き込む教え方や伝え方の方法論をとおして、授業設計の全体像を把握したうえで教材チェックを行います。
・演習編である本コマは、自身の授業設計をインストラクショナルデザインの観点からチェックし、参加者同士で授業の特徴について紹介・共有します。

春期
6月16日(火)
18:15-19:45

場所:CTL研修室

宮原俊之(教育方法研究支援)

秋期
11月16日(月)
18:15-19:45

場所:TNec041

領域4
ルーブリックについて知る
(未経験者向け)

・本講座の前半は、ルーブリックを活用した取り組みについて情報共有を行います。また、ルーブリックについての基本情報と活用例について概説します。
・後半は、自身の授業について用いるルーブリックを作成し、意見交換を行います。

春期
6月17日(水)
18:15-19:45

場所:TNec041

新原将義
(高等教育研究)

秋期
11月25日(水)
18:15-19:45

場所:TNec041

領域3
初年次ライティング指導の理論と方法

・本講座の前半は、初年次ライティング科目設置の動向を概観します。
・後半は、よい文章やよいレポートの条件について演習形式で検討していきます。

春期
6月25日(木)
16:30-18:00

場所:CTL研修室

山下由美子(文章表現教育)

秋期 
11月12日(木)
16:30-18:00

場所:CTL研修室

領域2
データによる授業改善のすすめ:大学における教育の質保証とIR

・本講座の前半は、大学における教育の質保証と IR の果たす役割について概観します。
・後半は、最も小さな単位での質保証の対象である授業について、その成果検証にどのようなエビデンス(証拠)が用いられるのか、成果評価のためにどのように指標と基準を設定するのかについて演習を交えて理解を深めます。

秋期
10月26日(月)
18:15-19:45

場所:TNec041

川面きよ
(教学IR)

※縦にスクロールをしてください。

  • 選択講座については所定の受講者人数に達しない場合はキャンセルとなることがあります。講座のキャンセル連絡は開講予定日の1週間前頃にいたします。
  • 開催日は2020年8月時点のものです。今後、学事暦や新型コロナウィルス感染拡大状況等により変更される場合があります。プログラムに多少の変更が生じる場合、受講者へ別途ご連絡いたします。

開講内容の詳細については以下のPDFファイルをご覧ください。

お問い合わせ先

高等教育開発センター事務局

電話
042-678-3976(内線:3976)
電子メール
ctl@main.teikyo-u.ac.jp

PAGE TOP